トップ » 藤谷康晴「STAND PLAYERS IN DIVERSITY -多様性の中のスランドプレイヤーたち-」個展開催中

藤谷康晴「STAND PLAYERS IN DIVERSITY -多様性の中のスランドプレイヤーたち-」個展開催中

Categories:

いつもSPACE KANTEをご利用いただきありがとうございます。

 

1月8日(月)から2月28日(水)の期間中、江戸時代の浮世絵師・東洲斎写楽による役者絵へのオマージュとして描く藤谷康晴氏の個展「STAND PLAYERS IN DIVERSITY -多様性の中のスタンドプレイヤーたち-」を開催しております!

重要文化財にも指定されている「大首絵」を様々な前提で崩しながら、元絵にある歌舞伎役者の表情と姿勢はそのまま残し、虚構性を増幅させた新作シリーズ。

 

SPAPCE KANTEの会員様はもちろんのこと、非会員の方も個展をご覧になれますので、ぜひこれを機会に一度SPACE KANTEにお立ち寄りください!

 

 

 

 

 

 

 

 

▼藤谷康晴個展「STAND PLAYERS IN DIVERSITY -多様性の中のスタンドプレイヤーたち-」
会期:2018年1月8日(月)- 2月28日(水)/平日10:00-22:00・土日10:00-19:00
会場:SPACE KANTE @ The World Lounge Co&Co
住所:〒060-0002 札幌市中央区北2条西3丁目1-29 タケサトビル2F

 

▼藤谷康晴 / ドローイングマン
1981年生まれ。日本古来の八百万の思想を基本にして、「存在とは何か」や「存在の多様性」をテーマにドローイング作品を制作している。
今、デジタルテクノロジーはどんどん進歩しながら現代人の社会生活に実装されていく中、マスメディアや中央集権、二元論に対する再認識も行われている。
そのような状況に対して、日本の伝統芸術表現や精神文化を受け継いだドローイングを通して「存在の多様性」、「存在とは何か」を提示している。

Official web site:https://www.f-y-drawing.com/